1日1回笑いましょう


by outigohannhe

カテゴリ:1972年の家出( 15 )

1972年
吉田拓郎が青春を詩い、フォークは全盛となり、17歳の私達へのBGMとして、背中に聴いていました。
バイクは「自動二輪」免許で750ccの大型バイクまでOKでした。
ヘルメットの義務付けもなかったし、
この年の2月浅間山荘事件から、連合赤軍事件が大量殺人事件へと問題の本質を変えていきました。
「永田 洋子」という名前が大きく新聞紙面を埋めました。
良くも、悪くも「熱い」時代がそこにありました。

1972年の家出は、そんな時代の出来事でした。
B君もE君も故郷で、年を重ねています。
A君だけは、消息不明です。
最初は、面白い思い出話として、記憶の中から綴っていました。30年という時を経て見つめていくと、この家出はA君をサポートした気持ちで、始まった事を知りました。
A君が優しくて、家族思いの少年だった事が改めて伝わってきます。それ故のA君の悩みの重さも。
A君、青年としての「夢」を追いかけていたのでしょうが、結果はどうでもいいと思います。
その時代、一生懸命だった、事信じています。
消息不明でも、友情は変わりません。
小さな町で細々と生きている私ですが、応援しています。
B君が真面目な友情を温めていた事。30年を経て知りました。
振り返るには、首が痛くなる位の時間をかかえて、後戻りすると、色々な物が見えてきます。
小さな出来事がひとつ、ひとつ重なって積み上げた「自信」を作ります。
思い出とは、こんなにも「愛おしい物」でした。
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-27 23:31 | 1972年の家出

1972年の家出 終わり

B君が静かにカレーを食べていました。反省しているんだと思って見ていたら、始まりました。トークショーです。
「今日のカレーは、学食カレーじゃない。」「レストランの濃厚な、味」「牛肉の味」
以前B君が、学食で食べたカレーに、鶏がらの首の部分がそのまま入っていた事があって、
もちろん、その時も食堂中が、揺れる位のパフォーマンスで、大騒ぎでしたが。
牛肉のスープは凄い事だと、よく言ってました。B君の話は続きます。
「俺達は、本気で土木作業の仕事をして、働くつもりだったんだ。」「E君が、面接で、高校生です。なんて、聞かれもしないのに、言ってしまったのが、全て計算が外れたんだ。」
「打ち合わせ、ちゃーんとしたのに」
「ごめーん、俺その時、トイレだった」とE君
「それに、高校生って言えば、簡単な仕事を選んでくれる。と思って」とE君
「皆の為を考えたんだけど」とE君 (彼は、着替え用のYGパンツは毎日取り替えていたそうです)
「打ち合わせに一番チェックの要るEがいなかったって、」
「でも、俺達、助け合って暮らしてたんだ」
「金が無いから、スーパーでのりたまを買って」「食堂で、大盛り飯を3つ頼んで5人で分け合っていたんだ」
「男の友情ってスバラシイ」
すると、4人が一斉に「楽しかったねー」
「それから」と私
B君のテンションは上がってきました。
「それから、海に行って、砂浜で皆で、遊んだ、夕日がきれいだったなー」
「人生をやり直そうと、決意したんだ、。5人で、夕日の海辺で、カーコイイ」
B君、止まりません。
「じゃあ、B君達の家出を、泣いて止めたって言う彼女には、なんて説明するの?」
「そ、それは、話せば、はなせ、ば、…わ、か、る、…はず」少しトーンが下がります。
「あ、赤い糸よ」 「小さな恋のメロディ、 さ」
懲りない B君です。
放課後 友達に付き添われて4人は、それぞれの自宅へと、向かって帰りました。
あの、部室で着ていたちぐはぐな、体操服は家出した時の服に着替えて。
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-27 22:45 | 1972年の家出
次の日
学食で、いつものように食堂の仲良しのおばちゃんに、「揚げパン」の予約を頼みに急いでいると、A君の友達が「おばちゃん、頼むからお願いします。」切ない声が聞こえます。
「何、を頼んでるの」「食券を早いけど、売って下さい」
「割り込み、常習犯グループは、だめっ!」おばちゃんの大きな声が響きます。
A君の友達は、今度は私に頼みます。
「君が言ってくれないか」
「どーしてよ」
「……。」
「昼休み、鑑別所通りの部室に集まって」
「俺から聞いた事はないしょにしてくれよな」
昼休み、部室のドアを開けてびっくりしました。私はドアを閉めるのも忘れて立っていました。

いるのです。体操服を着た、あの5人組が。家出の5人組が。それも学食のカレーライスを食べているのです。
あの日みたいに。
3皿のカレーを5人で食べていました。
「やっと、白メシとおかずが食えた」
「のりたまご飯は、わびしかったねー」
だれが連絡したのか、A君のお姉さんが部室に入って来て、黙ってA君はお姉さんと部室を出て行きました。
出て行く時、目で私達に「すまん」と合図を送って。
A君の後ろ姿に、ぐっときた私は、感情的になった声で「だいたい、どれだけ大騒ぎになったかわかってるのー」、叫びました。
「ごめん」
「ツーリングでもやってたんでしょう!」
「ちがうよ。土木作業の面接に行ったんだけど、みんな高校生が、バレて、駄目だったんだ」
「他のバイトも捜したんだけど、金を持っていたのがB君だけやったし」
E君の説明は続きます。
「B君の所持金だけで、5人の生活費は、無理だったんだ」
サラのYGシャツと笑顔でリュックに詰めてたE君は、所持金は500円だったと言います。
5人組の中で、たった一人の他高校のE君の見慣れない、体操服姿、
よーく見ると、5人はそれぞれ、まばらな体操服姿です。
あちこちの部室から、拝借したらしく、汚れた体操服とちぐはぐな、体育館シューズをはいていました。
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-21 01:26 | 1972年の家出
説明は続きます。
「それだけで、家出を決めたの!」
「まだ、色々ある」
「B君なんか、彼女が、泣いて反対するのを、男の契りだ!ってタンカを切ったって言うし」
「じゃあ、あとの二人は何なのよ」
A君のお姉さんと話した後の私は、冗談だと、軽く聞いてた自分の無責任さに少し、苛立っていました。
「それが…」
「バイクを借りに行ったら、そいつが、じゃあ、俺もって、そしてその友達がそんなら、俺も」
どうも、家出をカッコイイと思っている、様子、です。
彼ら5人が真剣に悩んでるA君の気持ちに同情していたのが、準備をしている間にお祭り騒ぎに
なっていった様子が、手に取るように見えてきました。
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-21 00:41 | 1972年の家出
A君のお姉さんは、最後に「ありがとう」と言って別名鑑別所通り(部室)を出ていきました。
A君のお姉さんは、優等生、そのままの人でした。
生徒会のリーダーで、クラスマッチも、野外活動の「草取り」もみんなを率先していく人でした。
私は尊敬していました。目標でした。
私は、お姉さんが出て行った後の部室で、ぼーっとしていました。
しばらくして、A君やB君の仲間が入ってきました。
「何、だって」「お姉さん、ひどく心配してたみたい」
「どーして、家出になってしまったのよ」
「A君は、親父に対して本気の家出だったんだけど」
「それに、B君も俺も親父にコーギする」って言い出して。
「Eは、そんなら、俺も仲間に入れて。親友のA君に受けた恩義が、ある。」
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-15 20:29 | 1972年の家出
その日、私はA君のお姉さんに呼び出されて、通称、鑑別所通り(部室の天井と壁に網が貼ってある事で、いつの間にかついた名前)
と呼んでる文科系のクラブの部室にいました。

「Aは、何を悩んでいたか、知ってる?」
「一緒に家出した、友達とはどこで知り合ったか教えて」
「えっ、本当に家出したんですか」
「知らなかったの?」
その場の空気の重さで、冗談だと思っていました。とは言えませんでした。

あの出陣式は、本物だった、と思うと、
A君のお姉さんの深刻な感じと、あの出陣式のお笑いのネタみたいな状況の違いに
私は、何とも言えないショックを感じました。
                    (つづく)
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-12 01:53 | 1972年の家出
「家出、いえで」と相変わらずE君は、騒いでいました。
私は、一緒に騒ぐ気になれず、帰ろうとしていました。
今度は、「出陣式をするから、拍手で見送って」と言い出します。
そして、拍手の人数は多い方がいいから、ちょっと待って、という事になりました。

帰ろうとしていたら、数人の少年は「さあ、行くぞ」と言ってE君の部屋から出て行きます。

私も含めて3人の少女もE君の部屋を出ていきました。
外に出たら、3台のバイクに2人乗りした5人の少年がいました。

A君もB君もいます。E君も「グンゼYGシャツ」の入ったバッグを持ってニコニコしてます。

B君が言いました。「出陣しまーす」
パチパチパチ…
「行ってらしゃーい」

又いつもの悪乗りジョーダンが始まった。と私は思って要請に応えて拍手をしていました。

1972年、秋の終わりでした。
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-10 00:22 | 1972年の家出

1972年の家出No8

その日、E君家に放課後、寄るようにと誰かが、私に伝えにきました。
携帯電話など、無い時代だったんだけど、連絡網がありました。
E君は、隣町の高校だったのにも関わらず、漏れなく連絡網は作動していました。
今もって、不思議ですが。

E君の家に行くと、数人、友達の友達がいました。
A君もB君もいました。
何だか、ざわついていた事を覚えています。

E君が梅酒じゃなくって、下着を持って私の前に来て「シャツ何枚持って行こうかな」
「グンゼYGシャツ」
「どーしたと」
「うん、家出する」
「えーっ、ほんと」
「家出、いえで」 ルンルン気分のE君です。
そう言って、E君はバッグに荷物を入れはじめました。
旅行かキャンプでも、行く感じです。
 (つづく)
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-09 00:33 | 1972年の家出

1972年の家出No7

B君の「ふられた事件」から一週間が経ちました。

B君彼女とは、別れる事もなく、二人が放課後の教室で、話している姿を何度か見る事がありました。
相変わらずB君は「俺達は赤い糸でつながっているから、同じ大学へ行く」などと、言い
クラス担任を、殴るチャンスを逃した。とも言ってたようでした。

A君は、自宅には、帰らないで、あの日から、E君の家に泊まったまま。
E君は恩義ある、A君の身の周りの世話をかいがいしくしてました。
というのも、E君はA君のおかあさんから、早く家に帰るように、頼まれていて、自分の父親には、A君を泊めてる事を隠していました。

E君家に、自然に仲間が集まるようになって、いきました。
                     (つづく)
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-07 23:49 | 1972年の家出

1972年の家出No6

E君を紹介します、

彼は酔うとA君を恩人なる親友と呼びます、

E君が幼稚園時代、下痢気味でウンチのおもらして、泣いていたらA君が「ちり紙」自分の幼稚園のバッグから出して持ってきてくれた、そして、先生にそおっと話してくれた。告げ口じゃなくって、話してくれたんだ。と、少し涙声で言います。

乾杯が大好きで、彼の家に仲間が集まると、自家製の梅酒をE君が持ってきます。
グラスにつぎわけ、乾杯が始まります。二杯めからは、彼のグラスにだけ、梅酒を注ぎ、「いっき、いっき」を繰り返します。4杯続くと、「みーんな、もう、ふらふらして」(酔ってるのはE君だけ)
「よし、ドスを貸してくれ」「オヤジとサシで話をつけてくる!」
栓抜きを持たせる。と、両手で本物の刃物でも持ったみたいにして部屋を出て行きます。
1分もすると戻って来ます。

「やっぱ、オヤジは大事」

私は一度だけ、この場面に遭遇しましたが、仲間は「毎回、同じ事を繰り返すんだけど何度みても、笑ってしまう。」と笑いながら教えてくれました。

A君もE君も心根の優しい少年でした。
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-06 22:10 | 1972年の家出