1日1回笑いましょう


by outigohannhe

1972年の家出No10 その日

その日、私はA君のお姉さんに呼び出されて、通称、鑑別所通り(部室の天井と壁に網が貼ってある事で、いつの間にかついた名前)
と呼んでる文科系のクラブの部室にいました。

「Aは、何を悩んでいたか、知ってる?」
「一緒に家出した、友達とはどこで知り合ったか教えて」
「えっ、本当に家出したんですか」
「知らなかったの?」
その場の空気の重さで、冗談だと思っていました。とは言えませんでした。

あの出陣式は、本物だった、と思うと、
A君のお姉さんの深刻な感じと、あの出陣式のお笑いのネタみたいな状況の違いに
私は、何とも言えないショックを感じました。
                    (つづく)
[PR]
by outigohannhe | 2006-07-12 01:53 | 1972年の家出